タイに住んでいた方からの情報なんですが、
タイではトレチノインというピーリングの薬500円ぐらいで
売っていて、お土産として日本人の人が買っていくのだそうです。

トレチノインは残念ながら日本には売っておらず
色々な海外のサイトを見ても5,6千円するものが
ほとんどです。

「トレチノイン 格安」でチェックをしたら、「オオサカ堂」というサイトが出てきて、シンガポールからの輸入で売っていました。

0.025%から0.05%、0.1%と3種類あるのですが
その人の肌の質によって強すぎたり弱すぎたりするようです。

ですので、0.025%と0.1%の2本をとりあえず注文
しました。

0.05%にするためには2つを混ぜればいいですからね。

トレチノインについて勉強している間に、ハイドロキノン(漂白)と一緒につかうといいということが分かったのでこれも購入しました。

トレチノイン

これも輸入品です。
アマゾンで買いました。

 

そもそもトレチノインってなにものよ?

wikipediaには、「トレチノインとはビタミンA誘導体の一種。レチノイン酸のうち、二重結合がすべてトランス型をとった、オール・トランス異性体である。」
 ↑
むっずー。ぜんぜんわからん。

ということでもっと簡単な説明を探しました。

トレチノインってなに?

よくにた物質でレチノール(ビタミンA)は日本でも市販しており、しみやしわ、肌の新陳代謝の促進、アンチエイジングに効果があることが分かっています。

「トレチノイン」いうビタミンA誘導体は日本では市販されていませんが、このレチノールと同じように肌の新陳代謝を促進します。

トレチノインはゲル状のものが一般的で、レチノールの50倍から100倍の効果を発揮するのだそうです

ということはどういうことかというとピーリングゲルなんですね。強すぎると皮がむけてケロイド状になることもあるそうです。

なので、最初は少量入ったものから始めるのがいいそうなんですが、私が注文したものは上でも説明したように0.025%から0.05%、0.1%があり、最初から0.1%を塗るとケロイドになってしまうと怖いので、0.025%と0.1%を購入したわけです。

どんなんかな~と疑り深い私はYouTubeで色々チェックしてみました。

大体 朝と夜の2回ぬるようです。お化粧勿論OKですが、トレチノインのせいでポロポロ剥げてくることもあるそうです。

UVはばっちりしないとかえってシミになってしまうということです。

あと、最初にビタミンCの導入液を付けるといいようですね。

次回は私の肌で試したものを紹介しますね。